年齢を重ねると発症しやすくなる更年期障害|治療を受けて改善しよう

ナース

オールラウンドながん治療

男女

がんの部位によらない治療

がんの三大治療に、外科手術、抗がん剤、放射線があります。初期の場合もあれば、進行している場合もあり、いろいろなところにがんができる場合もあります。小さながんが切り取りやすいところにできれば外科手術が行えます。しかし、取りにくいところだとできません。また、全身に広がっていてもできません。抗がん剤、放射線も、治療に合ったがん、合わないがんがあるとされています。免疫治療では、がんの部位や種類によらない治療が可能とされています。全身に広がった場合、切りにくい場合、高齢で抗がん剤の投与が難しい場合などでも、免疫治療であれば行えます。三大療法のどれも取ることが出来ないような場合であっても、最後の砦として選択できる治療法になります。

全身のがんに効く可能性

健康診断などでがんが見つかるとき、それが小さければ外科手術で取り除きます。実際は取り除くだけでなく、細胞を採取して進行度合いをチェックすることも行われます。リンパまで達していなければ転移の可能性は低く、そのまま治療は終了できます。しかし、その時点でリンパまで達していたり、すでに転移が認められる場合、新たに転移した部分を切除しても完全に治ったとは言えません。そこで行う治療として免疫治療があります。免疫治療では、免疫力を高めた免疫細胞を血液中に戻します。すると、全身のどこに行ったか分からないがん細胞にも作用させることが出来ます。リンパ管を通ってどこかに行ったがん細胞にも攻撃をかけることが出来、完治の可能性も見えてきます。