年齢を重ねると発症しやすくなる更年期障害|治療を受けて改善しよう

男女

美容と健康に効果的

ドクター

ドイツで開発された治療法の1つが血液クレンジングです。大阪では、がんの補助をする治療として利用する病院もあるのです。血液クレンジングは、保険が適応されており、がん以外にも自己免疫疾患や、ウイルス性疾患などの治療が受けられます。しかし、治療の際には、きちんと医師と相談してから行なうようにしましょう。

詳細

オールラウンドながん治療

男女

がん治療の方法はいくつかありますが、それですべてのがん治療ができるわけではありません。免疫治療の場合、全身にあるがん細胞に作用させることが出来るので、他の方法ができない場合も受けられます。全身のがんに効果を得ることが出来ます。

詳細

不安なら早めの受診を

男性

体の不調を感じたら

女性は年齢を重ねるにつれホルモンバランスが崩れ、めまいや肩こり、頭痛やほてりや関節痛など、いわゆる更年期障害に悩まされる人も多いようです。またイライラしたり、うつ状態になったりと、精神的にも不安定な状態になりがちです。更年期障害の症状が酷くなると、日常生活にも支障をきたしますし、周りにも迷惑をかけてしまうので、早めの治療が必要です。症状によって内科や皮膚科などの受診する科を決める事もできます。しかし一番良いのは、やはり専門である婦人科や総合病院に設置されている更年期外来に行って治療する事でしょう。まだ自分は更年期では無いからといって油断しているかもしれません。しかし最近では若年性の更年期障害の症状も多い様なので、疑わしい症状があったらやはり早めに受診するべきです。

更年期の症状の治し方

産婦人科などの病院での更年期障害の治療は、やはり専門家が診察してくれるので安心できます。その治療内容としては、様々な不調の原因がエストロゲンの減少であるかを調べる為の検査を行います。例えば問診や超音波検査、血液検査などがあります。これらを行った上で更年期障害の可能性が高いと判断された場合は、その改善の治療法を進めていきます。代表的な方法としては、ホルモン補充療法というものがあります。この方法は、注射や飲み薬、パッチ剤などを使用して、エストロゲンを体内に補充します。しかしエストロゲンのみの補充では子宮体がんの可能性が高まるとされているので、同時にプロゲステロンの補充も行います。また漢方を使用したり、うつなどの精神的な症状が見られる場合は、抗うつ剤を使用する事もあります。

最近胸が変な感じなとき

ナース

胸腺腫瘍とは昔免疫を司っていた胸腺の細胞が老化時に腫瘍細胞となる病気です初期症状はほぼ無く、胸の圧迫感、咳や痰というものです。検診などの胸部X線写真で発見されることが多いので、定期健診は重要です。治療法は早期であれば外科手術などで取り除けます。異常があれば病院で診断するのが大切です。

詳細